災害対策基本法 改正 – 災害対策基本法の一部を改正する法律の概説

災害対策基本法施行令の一部を改正する政令(平成28年政令第225号) 平成30年 地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律(平成30年法律第66号)による災害対策基本法の一部改正

内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 防災情報のページ > 防災対策制度 > 大規模災害からの復興に関する法律 > 災害対策基本法等の一部を改正する法律(平成25年法律第54号)

内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 防災情報のページ > 防災対策制度 > 災害対策基本法 > 最近の主な災害対策基本法の改正 > 災害対策基本法の一部を改正する法律(平成26年法律第114号)

災害対策基本法: データベースに未反映の改正がある場合があります。 最終更新日以降の改正有無については、上記「日本法令索引」のリンクから改正履歴をご確認ください。 (昭和三十六年法律第二百二十三号) 施行日: 平成二十八年五月二十日

日本の防災対策の基準となる法律「災害対策基本法」を知っていますか。この記事では、災害対策基本法とはどのような法律なのか、具体的な特徴と改正が繰り返される理由について解説しています。

大規模災害時において直ちに道路啓開を進め、緊急車両の通行ルートを迅速に確保するため、道路管理者による放置車両対策の強化に係る所要の措置を講ずる、災害対策基本法の一部を改正する法律が、平成26年11月14日に成立し、平成26年11月21日に公布・施行されました。

災害対策基本法とは何か
[PDF]

また、災害対策基本法 の改正と併せて制定された「大規模災害からの復興に関する法律」についても紹介するこ ととしたい。 以下、災害対策基本法の改正について、第180回国会での改正を「第1弾改正法」

[PDF]

災害対策基本法等の一部を改正する法律の概要 「減災」の考え方等、災害対策の基本理念を明確化すること。 災害応急対策等に関する事業者について、災害時に必要な事 業活動の継続に努めることを責務とするとともに、国及び地方

また、この土砂災害防止法の改正に伴い、『土砂災害防止法施行規則』を平成29年6月19日に改正 (※4) するとともに、『土砂災害防止対策基本指針』についても平成29年8月10日に変更を行いました。

災害大国である日本において、国や自治体はもちろん、企業や個人のレベルでも災害への備えは必要不可欠です。そのため、平常時から意識してbcpの策定や物資の備蓄などに取り組むことが重要です。bcpの策定の基になっている「災害対策基本法」は、災害が起きた場合に被害を最小限にする

災害対策基本法等の一部を改正する法律について 本日、災害対策基本法等の一部を改正する法律(平成25年法律第54号。以下「改正法」という。)が公布され、一部の規定を除き、本日から施行されました。また、改正法の

[PDF]

災害対策基本法 昭和36年11月15日 法律 第223号 災害対策基本法等の一部を改正する法律 平成25年 6月21日 法律 第54号 改正前 改正後 – 目次-施行日:平成25年10月 1日 目次 第一章 総則(第一条-第十条) 第二章 防災に関する組織

[PDF]

(参考1)東日本大震災を受けた災害対策基本法の見直し 「防災対策推進検討会議」中間報告(平成24年3月7日決定) ・東日本大震災の教訓・課題を受けた防災対策全般の見直しの方向性を示す。 ・災害対策対策基本法改正の概要

概要 趣旨. 災害により生じた廃棄物について、適正な処理と再生利用を確保した上で、円滑かつ迅速にこれを処理すべく、平時の備えから大規模災害発生時の対応まで、切れ目なく災害対策を実施・強化するための法整備を行う。

[PDF]

1.災害対策基本法の改正内容について 従来の災害対策基本法においては、切迫した災害の危険から逃れるための避難場所と、 避難生活を送るための避難所が必ずしも明確に区別されておらず、東日本大震

災害対策基本法の一部改正について. 災害対策基本法では、災害対策の基本理念を「災害の発生を常に想定するとともに、災害が発生した場合における被害の最小化及びその迅速な回復を図 ること」 としており、住民等の円滑かつ安全な避難を確保するために、避難行動要支援者名簿作成及び

[PDF]

大規模災害からの復興に関する法律の概要 東日本大震災の教訓と課題を踏まえた復興の枠組みの創設 東日本大震災を踏まえた法制上の課題のうち、緊急を要するものについて措置した昨年6月の災害対策基本法の改正法の

第56条 第61条 第61条の2 第61条の3 原子力災害対策特別措置法第15条 災害対策基本法施行令第23条の2 水防法第13条の2 大規模地震対策特別措置法第26条 地方税法第349条の3の3 人事院規則九—三〇(特殊勤務手当)第19条 土砂災害警戒区域等における土砂災害防止

災害対策基本法等の一部を改正する法律 (災害対策基本法の一部改正) 第一条 災害対策基本法(昭和三十六年法律第二百二十三号)の一部を次のように改正する。

[PDF]

-2-1.はじめに 平成26年11月に改正された災害対策基本法(以下「災対法」という)では、大規模な災 害発生時における道路管理者による放置車両・立ち往生車両等の移動に関する規定が盛

[PDF]

災害対策基本法(以下、災対法)は、1959年 の伊勢湾台風の被害を契機に1961年に制定さ れた。その後、1995年の阪神淡路大震災など大 災害が生じるたびに改正され、2011年の東日本 大震災を受けて、2012年と2013年に再び改正 された。

[PDF]

災害対策基本法の一部を改正する法律の概要 東日本大震災の主な教訓 1. 住民の避難や被災地方公共団体への支援等に関し、広域的な対応がより有効に行える制度が必要。その際には、事前 の備えも必要。 2.

災害対策基本法(さいがいたいさくきほんほう、昭和36年11月15日法律第223号)は、災害対策に関する日本の法律である。 1959年(昭和34年)に愛知県、岐阜県、三重県及び紀伊半島一帯を中心として全国に大きな被害をもたらした伊勢湾台風を契機に制定された。

効力: 現行法

|土砂災害防止法の一部を改正する法律の施行 |土砂災害防止法の一部を改正する法律及び施行令の一部を改正する政令の公布 |土砂災害防止対策基本指針の告示 |法律の提案理由 |改正の概要 |国会における審議の経過 |閣議決定(平成22年2月23日

[PDF]

災害対策基本法の改正 災害時要援護者対策については、これまで国としては「災害時要援護 者の避難支援ガイドライン」(平成18 年3 月)を示し、市町村にその取 組を周知してきたところです。 しかしながら、平成23 年の東日本大震災においては、被災地

(原子力災害対策特別措置法の一部改正) 第四条 原子力災害対策特別措置法(平成十一年法律第百五十六号)の一部を次のように改正する。 第二十八条第一項の表第四十七条第二項の項中 「

[PDF]

「第1弾」災害対策基本法の改正の概要. 概 要 . 1 . 大規模広域な災害に対する即応力の強化 災害発生時における積極的な情報の収集・伝達・共有を強化

過去の災害の反省を活かして多くの法律が制定された

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律及び災害対策基本法の一部を改正する法律案」が本日3月24日(火)に閣議決定されましたので、お知らせします。

災害対策基本法 (昭和三十六年十一月十五日法律第二百二十三号) 最終改正:平成二八年五月二〇日法律第四七号 第一章 総則 (目的) 第一条 この法律は、国土並びに国民の生命、身体及び財産を災害から保護するため、防

[PDF]

「第1弾」災害対策基本法の改正の概要. 概 要 . 1 . 大規模広域な災害に対する即応力の強化 災害発生時における積極的な情報の収集・伝達・共有を強化

[PDF]

-2-第一条 災害対策基本法(昭和三十六年法律第二百二十三号)の一部を次のように改正する。 第十六条第四項中「する」を「した」に改め、「)は

災害対策基本法改正等に関する地方公共団体連絡会 加熱式たばこ等の安全対策検討会 第1回 平成30年7月25日(水) 議事次第 <資料> 資料1-1 加熱式たばこ等の安全対策検討会開催要綱 資料1-2 加熱式たばこ等の安全対策検討会 委員名簿 資料1-3 配席図

[PDF]

災害対策基本法の規定に従い、作成・共有する. 個人情報保護条例の規定に従い、作成・共有する. 第. 49. 条の10市町村長は、居住する要配慮者のうち、災害が発生し、 又は災害が発生するおそれがある場合に自ら避難することが困難な者で

前回の記事で災害対策基本法について触れた。 この基本法には不備というか不満がある。 政府の初動の遅れについて、それを不作為として明確に根拠づけられる条文がないことだ。今回、総理大臣である安倍晋三は、政府の非常災害対策本部を7月8日になって立ち上げた。

[PDF]

法と2018.9o.404 101 係法律の内容と最近の動向を紹介することとしたい。 3.災害対策基本法 (1)概要 昭和34(1959)年9月の伊勢湾台風(930hPa、死者・行方不明者5,098名)を契機とし、

逐条解説 災害対策基本法 第三次改訂版のご注文は法令出版社(株)ぎょうせいの通販サイトから。公費・社費にも完全対応!迅速にお届けします。行政・自治、教育・文化、税務・経営、法務・法令などの専門図書、電子書籍の購入・予約ならぎょうせいオンラインへ。

廃棄物処理法及び災害対策基本法の一部を改正する法律(新旧) [pdf 148kb] 2)政省令改正. 法律改正に併せて、非常災害時には災害廃棄物の処理を再委託することができることとする等の内容の政省令も整備されました。 政省令改正の概要 [pdf 125kb]

1.災害対策基本法平成25年改正要支援者名簿の作成. 市町村長は、高齢者、障害者等の災害時の避難に特に配慮を要する者について名簿を作成し、本人からの同意を得て消防、民生委員等の関係者にあらかじめ情報提供するものとするほか、名簿の作成に際し必要な個人情報を利用できるよう

災害対策基本法とは、国土並びに国民の生命、身体及び財産を災害から保護することを目的として昭和36年に制定された法律です。この目的を達成するために、災害対策基本法では、以下の事項について規

[PDF]

災害対策基本法等の一部を改正する法律と防災まちづくりについて 研究センター副所長兼研究理事 前 内閣府大臣官房審議官(防災担当)兼災害対策法制企画室長

[PDF]

今回の土砂災害防止法の改正により、土砂災害警戒区域内の要配慮者利用施設の 管理者等に対して、避難確保計画の作成、避難訓練の実施を義務付け 法改正について積極的な周知 改正内容を施設管理者や自治体の担当者に認 識・理解してもらうことが重要

以下「規制法」という。)、災害対策基本法(昭和三十六年法律第二百二十三号)その他原子力災害の防止に関する法律と相まって、原子力災害に対する対策の強化を図り、もって原子力災害から国民の生命、身体及び財産を保護することを目的とする。

災害対策基本法の一部を改正する法律 において、原子力規制委員会設置法附則第五十四条のうち次の表の上欄に掲げる原子力災害対策特別措置法の改正規定中同表の中欄に掲げる字句は、それぞれ同表の下欄に掲げる字句とする。

「災害対策基本法」の基本理念. 普通「基本法」というのは、例えば「教育基本法」などでは、最初に教育の理念の規定があるように、基本理念に基づいて作られているものなのですが、「災害対策基本法」は東日本大震災後の法改正で初めて規定されましたが、それまではそういう基本理念の

[PDF]

災害対策基本法施行規則 昭和37年9月21日総理府令第52号 施行:平成28年1月31日 改正:平成28年1月29日内閣府令第1号 災害対策基本法施行規則 昭和37年9月21日令第52号 災害対策基本法を実施するため、並びに災害対策基本法施行令の規定に基づき、災害対策基

第一条 この政令は、災害対策基本法等の一部を改正する法律附則第一条第一号に掲げる規定の施行の日(平成二十五年十月一日)から施行する。ただし、第一条(災害対策基本法施行令第三十五条第一号、第三号及び第五号並びに第四十三条第一項の改正規定を

災害対策基本法の概要(PDF 151KB) <電子政府 e-Gov>災害対策基本法 最終改正:平成二七年九月一一日法律第六六号; 大規模災害からの復興に関する法律. 公布日:平成25年6月21日 施行日:平

災害対策基本法(さいがいたいさくきほんほう、昭和36年11月15日法律第223号)は、災害対策に関する日本の法律である。 1959年(昭和34年)に愛知県、岐阜県、三重県及び紀伊半島一帯を中心として全国に大きな被害をもたらした伊勢湾台風を契機に制定された。

高梁市地域防災計画を改正しました 災害対策基本法の改正、国の防災基本計画の改正、岡山県の地域防災計画の改正などが行われたことに伴い、高梁市でも、このような国や県の動向を踏まえ平成30年2月に高梁市防災会議を開催し、高梁市地域防災計画の改正を行いました。

[PDF]

災害対策の見直しの中で、法制上の対 応が必要な課題も浮かび上がったが、それらの課題に対応するための「第2弾」の法改正として、「災 害対策基本法等の一部を改正する法律案」(以下、「本改正法案」という。)が4月12日に閣議決定され た。

[災害対策基本法の制定] 伊勢湾台風は,名古屋市ゼロメートル地帯を中心に大きな被害を与え,死者・行方不明5000人以上という未曾有の災害となり,これを契機に災害対策基本法制定の運びとなった。災害対策基本法は61年11月に公布されたが,その2条2項に

[PDF]

災害対策基本法の一部を改正する法律について(平成24年6月27日付 府政防第724 号、消防災第234号)より抜粋 4.その他 (1)災害の定義の見直し(法第2条関係) 近年、竜巻による大きな被害が発生していることを受け、また、竜巻による災害の特殊

災害対策基本法 災害対策基本法の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家

[PDF]

災害と法制 伊勢湾台風(昭和34年) 阪神・淡路大震災(平成年) 死者・行方不明者5,000名強 死者・行方不明者 災害応急対策に関する個別法のみ 災害策対に整合性・統一性なし 地震防災対策特別措置法 「国」「地方公共団体」等の責務 が未制定 ↓ 災害対策基本法(昭和36年)

[PDF]

災害応急対策に関する個別法のみ 災害策害対策に整性統性整合性・統一性なし 「国」「地方公共団体」等の責務が未制定 ↓ ・災害対策基本法(昭和36年) 災害対策の一般法として制定

平成25年6月21日に「災害対策基本法」が一部改正されましたが、ご存じですか(nhk解説アーカイブスより)東日本大震災における政府の対応の検証結果やその教訓の総括、都市直下地震や東海・東南海・南海地震といった大規模災害等への備えの視点から防災対策の充実・強化について検討れさて

第一条 この法律は、国土並びに国民の生命、身体及び財産を災害から保護するため、防災に関し、基本理念を定め、国、地方公共団体及びその他の公共機関を通じて必要な体制を確立し、責任の所在を明確にするとともに、防災計画の作成、災害予防、災害応急対策、災害復旧及び防災に

[PDF]

災害対策基本法等の一部を改正する法律の概要 (1)災害対策基本法の一部改正 ① 避難行動要支援者名簿の作成【平成26年4月1日施行予定】 市町村長は、高齢者、障害者その他の災害発生時に自ら適切に避